#18 らんこむ(9期・2008年卒業)僕の子供もこのチームに入れてプレーさせたい

現在ヴェルディeスポーツチーム&ヴェルディフットサルトップチームで活動しています【らんこむ】(※本名:根本源太郎)です。

経歴
・小学4年〜6年生
東京ヴェルディスクール
・中学1〜3年生
ヴェルディ相模原ジュニアユース
・高1〜3年生
ヴェルディ相模原ユース
・現在
ヴェルディフットサルトップチーム
ヴェルディeスポーツチーム

ヴェルディ一筋の人生の始まりは小学校4年生に東京ヴェルディのスクールに入った所からです。そこで与那城ジョージさんにお会いしました。

プロを経験していた方に教わるのが初めてで、小学4年生にして教え方に衝撃を受けました。とにかく体感でサッカーを教わったという感じでした。

小学5年生〜6年生になって都並敏史さんにご指導を頂きました。小学5年生のちびっ子な僕らに対し、都並さんは試合中ガチでスライディングをして本気でプレーしてた姿を今でも思い出します。

練習後に都並さんが高くボールを蹴り上げてヘディングしてみろと指示を受けて『無理だろ』と思った練習後の一面も良き思い出ですm(_ _)m

【ヴェルディ相模原】

中学生生活に入り、セレクションでヴェルディ相模原ジュニアユースに入らせて頂きました。僕らの世代の印象としては、自分も含め兎に角背が小さいメンバーの集団でした。今のヴェルディのトップチームも背が低く上手い選手が多く見られますし、ヴェルディの伝統というかそれは変わらないんだなと思います。

土持功監督を始め、素晴らしいコーチ陣の元、練習に励みます。

中学生ではドリブルやワンツー、相手をいなす事を奥深く教わりました。

 

らんこむ

 

相手が高校生だろうが試合中ドリブルのみ、リフティング浮き球のみ、ワンツーのみ等の指定を受けながらプレーしました。

相手もバカじゃないんでこっちがキーパー以外皆ドリブルしかしないのとか数分で気づくんですよね。笑

それでもそれをいなして交わして勝ちに行く事でとても鍛錬になりました。

最初は指示を受けて何言ってるんだ?と思ってましたが、やっていく内にそれをやるのが当たり前になって感覚が変わっていきましたね。

自分自身が体も小さいほうだったので、その頃は相手の股抜きを人一倍狙っていて、どうすれば体ぶつけられずに抜けるかと考えてプレーしていました。自己満プレーだと一時期監督にやりすぎて怒られた記憶もあります。

中学3年生になるととある大会では誕生日が早生まれの関係で一つ下の世代にオーバーエイジ枠で出れる事となり、現モンテディオ山形の南秀人や、芸能活動している竹内涼真(タケ)などの世代に混ざった事も良き思い出です。

 

らんこむ


高校1年生になると更にトレーニングはハードになり、山かダムか坂道を永遠と走った事(思い出すだけで喉が渇きます)とコーチ陣とガチ試合で後ろから削られまくった思い出ばかりが浮かんでくるのはここだけの話です、、、

ヴェルさが経験した方なら分かると思いますが後ろに殺気を感じるあの感覚は忘れられませんよね。

ですが、それも今思えば有難い話で、今となってフットサルのプレーする上で生きてきています。

ここに書ききれない位ファンキーな話も盛り沢山ありますが、またの機会にしておきます。笑

高校を卒業してからも帝京大学にてサッカーを続けましたが、そこで競技としてのサッカーには区切りをつけ、いつの日か実際のプレーはせずにウイニングイレブンというサッカーゲームのほうに夢中になっていきました。

そこから約8年~9年が経ってから、eスポーツと言われるゲームのリアルスポーツが流行り出しました。

その頃に自分もps4のウイニングイレブンに熱中していて、大会等にも出るようになり、実力もかなりの自信がありました。そんな中、東京ヴェルディからゲーミングチームが出来るとの話があり、御縁もありJリーグクラブ初のウイニングイレブンプレーヤーとして所属させて頂く運びとなりました。

https://www.verdy.club/new/2020-05-01-201201.html

TV番組や国体の解説、その他メディア出演させて頂く機会を沢山頂きました。

1.2年経ちヴェルディフットサルのスクールコーチとして少しの間活動しました。そのタイミングでトップチームが出来るとの事でそちらにプレーヤーとして所属させて頂く形となりました。

フットサルではヴェルさがで培ったミニゲームがとても生きています。

ミニゲームで育ってきた事もあり狭い所で相手をいなすプレーをするのが大好きでしたし、フットサルはある意味向いていたのかもしれません。

ヴェルさがでプレーしていた時代からだと、フットサルとeスポーツでヴェルディを背をって活動してる未来は一ミリも想像していませんでした。

元newsの手越祐也さんと一緒にゲームしているだなんて学生時代考えた事もなかったですよ。笑

お礼もしたかったのもあり10年越しにヴェルさがの北公園のグランドには足を運んだ際には監督、コーチ陣が大歓迎で迎えてくれてとても暖かい気持ちになりました。

僕の子供もこのチームに入れてプレーさせたいと心から思えるチームです。

今こうしてヴェルディeスポーツの活動が出来ている事もフットサルで活動出来ているのもヴェルディ相模原の活動があってからこそです。

本当にお世話になったチームで感謝しきれません。

自分自身eスポーツ、フットサルで活躍出来るようこれからも頑張りますし、精進していく事でヴェルさがに恩返ししていけたらと思っています。

ヴェルディeスポーツ&ヴェルディフットサル
らんこむ

 

らんこむ